ウィッグは2種類

先日、久しぶりに叔母と会うことになりました。
叔母はいつもおしゃれで、私が子供のころからとても素敵な女性でした。
そんな叔母の悩みは「髪の毛」なのですが、最近テレビでもおなじみの「ファッションウィッグ」を
思いきって作ったそうです。

叔母から聞いて知ったのですが、ウィッグには大きく分けて2種類あり、
「人毛」から作られたものと「化学繊維」で作られたものがあります。化学繊維といっても耐熱性があり
日常のおしゃれ遣いには何も問題なく、お手頃価格でおしゃれが楽しめるそうです。

叔母は長年、薄毛を気にしていてファッションウィッグを作るにもとても悩んだそうですが
今ではすっかりおしゃれを楽しんでいます。帽子をかぶって頭が熱くなることもなく
むしろ服装や気分に合わせてヘアアレンジができてとても嬉しいそうです。

叔母は人毛のものと化学繊維のもの、2種類を作り、正式な場では人毛を、おしゃれには化学繊維と
使い分けているそうです。また叔母には社交ダンスという趣味があり、もう20年以上も続いています。
もちろん社交ダンスにもファッションウィッグを着用しているそうです。

ダンスによってはスピードがあるので、ウィッグが乱れてしまわないか心配だったそうですが
美容師さんがしっかりとセットしてくれることもあり、どんなに踊っても大丈夫なのです。
そんな話をしてくれる叔母の笑顔はとても素敵でした。

私もいくつになってもおしゃれを楽しむ叔母を見習いたいですね。

お洒落ウイッグで気持ちが明るく

40歳になったくらいから、抜け毛が酷くなり始めました。
シャンプーをするとごっそりと髪の毛が抜け、毎晩のシャンプーが怖くなってしまったくらいでした。
私の母も髪の毛は多いほうではありません。
たぶん遺伝なんだと思います。
50歳近くになると頭頂部がほんとうに薄くなってしまいました。

しかも私は背が低いので、人から見下ろされることが多いんです。
とても気になります。
顔はさほど老け顔でもないのに、たぶん髪の毛が薄いせいで実年齢よりも上に見られていたと思います。
昔働いていた会社の先輩に久々に会ったときに、ウイッグをしてはどうかと勧められました。
じつはその先輩もウイッグをしていたんです。

かつらと言うとちょっと抵抗がありますが、ウイッグときくとお洒落な気がしてきます。
テレビCMもやっている大手の会社にウイッグを作りに行きました。
美容室などで相談すると、安いものを紹介してもらったりもできるのだそうですが、
先輩からやはりより自然に見えるウイッグをということで大手の高価なものの方をお勧めすると
言われて決めました。
ちょっとその価格には驚きでした。
数十万円かかりました。

装着は簡単です。地毛ともよく馴染み、かつらをつけているという感じは全くしません。
ウイッグをつけて友達に会いましたが、あれちょっと髪型変わった?雰囲気が違うと言われましたが、
すぐにはウイッグをつけているとは言われませんでした。
しばらくして、髪が増えたんだ!もしかして?と気づかれたくらいです。

とにかくウイッグをつけて、気持ちが明るくなりました。
お出かけが楽しくなりました。
とても若返って、ファッションにも興味が出てきました。
数十万円の価値はあります。

ウィッグでワンアクセント

こんにちは。皆さんはウィッグを使ってみたことはありますか。

私は、還暦を過ぎた頃から、薄毛や特に生え際がきになるようになったのですが、最初はなかなかウィッグを使うということは思いつきませんでした。

というのも私の家族は年齢を重ねるにつれて、薄毛になる家系なので、半分諦めていたのです。
しかし、近年では、テレビCMなどでウィッグが多く紹介されており、また、私も心のどこかでおしゃれをしたいという気持ちがどうしてもありました。

そこで、テレビCMで紹介されていた無料試着会に参加してみました。
私のイメージの中ではウィッグは簡単にはずれてしまったり、暑い季節に着用するととても蒸れるイメージがありました。

しかし、実際に試着会に行って着用してみると、私が想像していたウィッグとは全く異なり、非常に付け心地がよく、また、多少頭を振ったくらいでは全く落ちる気配はありませんでした。

更に、鏡で見てみると、全く違和感がなくまるで自分が若返ったようでした。

何度か試着会に参加する中で私が気に入ったウィッグがあったので、購入しようと思ったのですが、私はウィッグは一括購入するものだと思っていたのですが、月額プランもあり、月々手頃な金額を払うだけでアフターサービスも受け続けられることを知りとても驚きました。

やはり途中で自分に合わなくなってしまったりすることがあった時に手厚いアフターサービスを受けることができるのはとても嬉しいですよね。